fc2ブログ

『おとなのけんか』

Posted by Kasshy on 06.2013 DVD   0 comments   0 trackback
『おとなのけんか』CARNAGE 2011

story
ニューヨーク、ブルックリン。
ザッカリー・カウワンがイーサン・ロングストリートの顔を棒で殴ったという11歳の子供同士の喧嘩の後、彼らの両親が話し合いのため集まることに。
リベラルな知識層であるロングストリート夫妻は、カウワン夫妻を家に招くが、冷静に平和的に始まったはずの話し合いは、次第に強烈なテンションで不協和音を響かせる。
やがてお互いの本性がむき出しになっていき、夫婦間の問題までもが露わになっていくのだった。

staff
監督:ロマン・ポランスキー
脚本:ヤスミナ・レザ、ロマン・ポランスキー
原作:ヤスミナ・レザ
製作:サイード・ベン・サイード
音楽:アレクサンドル・デプラ

cast
ペネロペ:ジョディ・フォスター
ナンシー:ケイト・ウィンスレット
アラン:クリストフ・ヴァルツ
マイケル:ジョン・C・ライリー

フォーン・ブース、CUBU、アンノウン、いわゆるシチュエーションムービーといわれる映画。
それとは少し違うけど、この「おとなのけんか」という映画は、ロングストリート家の家の中で、二組の夫婦が繰り広げるいわゆる口論。
それがまた、なんのことはない会話なんだけど、あるときは夫婦間での諍いになったり、あるときは相手の夫同志、妻同志、あるいは、相手の妻とタッグくんだり、相手の夫とタッグ組んだり。
4人の気持ちの揺れ動き、駆け引き、思惑が交錯して、なかなか面白かったです。

本作の基になったのは日本でも大竹しのぶらが出演し、「大人は、かく戦えり」のタイトルで上演された世界的な大ヒット舞台劇なんだそうです。

子どものケンカが発端で、両家の両親どうしが次第に激しい口論に発展していく様子は、みものです。
和解のための話し合いが結局、激しいバトルになる様は今の世界を風刺しているかのようです。

4人の職業がまた微妙。
リベラルな作家であるペネロピ(ジョディ・フォスター)。
金物商を営むマイケル( ジョン・C・ライリー )。
この2人が、ロングストリート夫妻。

投資ブローカーの仕事をするナンシー(ケイト・ウィンスレット)。
製薬会社をクライアントにするやり手の弁護士アラン(クリストフ・ヴァルツ)。
この2人がカウワン夫妻。

キャスティングが見事。
それぞれの職業やら思考と配役が絶妙だと思う。
とくに、女性2人がピッタリ!

ケイト・ウィンスレットって、最初出てきたときは、大根かなって思ってましたが、年を重ねるにつれて、
独特の存在感が出てきましたね。
なんでもやるし。(笑)

原題のcarnageって殺戮とかいう意味なんだそうですが、
a scene of carnage で、修羅場という意味になり、まさに最後のほうは、修羅場。

短い映画なので、お暇なときに一度観てみてはいかがでしょうか。

carnage.jpg

★★★★★★★
スポンサーサイト



  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kasshy0101.blog91.fc2.com/tb.php/521-a11b8171

プロフィール

Kasshy

Author:Kasshy
一見真面目そうで、気難しそうで、実は結構おちゃらけで調子乗りだったりして...。でも根は真面目ですよ!

映画、音楽、芝居、絵画、写真、スポーツ、旅行、街ブラ、グルメ、お酒なんかが大好きだったりします!

気軽にツルんでくださいー。
ブロとも大歓迎ですよ~。 Kasshy

ブログで世界旅行(オランダ編)



presented by オランダ旅行

AquariumClock 2

スピッツ名曲集



presented by スピッツYoutube

四季の花時計

ちょっと Fall Puzzle!

欠落病


※注・・何回でもできますが過度の使用によりパソコンが著しく疲労する恐れがあります。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

キラキラ星

FC2ブログランキング

にほんブログ村ランキング

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード