スポンサーサイト

Posted by Kasshy on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『少年と自転車』

Posted by Kasshy on 11.2012 DVD   0 comments   0 trackback
『少年と自転車』LE GAMIN AU VELO 2011

story
シリルは、もうすぐ12歳になる少年。
彼の願いは、自分を児童養護施設へ預けた父親を見つけ出し、再び一緒に暮らすこと。
電話が繋がらない父を捜すため、学校へ行くふりをして父と暮らしていた団地へと向かうが、呼び鈴を押しても誰も出ない。
探しにきた学校の先生から逃れようとして入った診療所で、美容院を経営する女性サマンサにしがみつくシリル。
“パパが買ってくれた自転車があるはずだ!”と言い張るが、部屋を開けるともぬけの殻。
ある日、シリルのもとをサマンサが訪ねてくる。
シリルの話を聞いて自転車を探し出し、持っていた人から買い取ってくれたのだ。
“乗っていたそいつが盗んだんだ!”と憤るシリル。
サマンサに週末だけ里親になってもらうことを頼み込み、一緒に過ごしながら、父親の行方を捜し始める。
自転車の売り主はガソリンスタンドにあった“自転車を売る”という貼り紙を見て、手に入れたという。
大切にしていた自転車を売ったのは父親だったのだ。
貼り紙から住所を探し出し、ようやく父親と再会するシリル。
父親は“お金がなくて迎えに行けない”と弁明する一方で、密かにサマンサに“重荷なんだ。会いたくないと伝えてくれ”と頼む。
しかし、サマンサは、自分で告げるよう父親に言う。
“もう会いに来るな”との言葉を残して、扉を閉める父親。
これをきっかけに、サマンサはそれまで以上に真摯にシリルと向き合い始める。
恋人との間に軋轢が生まれるほどに、彼女はシリルを大切に思い始めていた。
どうしようもなく傷ついた心を抱えるシリル。
ふたりの心は徐々に近付いていくかに見えた。けれど、ふとしたことで知り合った青年との関係が、シリルを窮地に追い込む。

staff
監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ
脚本:ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ
製作:ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ、ドゥニ・フレイ

cast
サマンサ:セシル・ド・フランス
シリル:トマ・ドレ
シリルの父:ジェレミー・レニエ
ウェス:エゴン・デイ・マテオ

ベルギーのジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ兄弟の作品。

逆境の中にあってもたくましく生きる女性の姿を描いた「ロゼッタ」。
職業訓練所で入所してきた気になる少年は、息子を殺した犯人だった「息子のまなざし」。
大人になりきれない子供たちの日常を鋭く切り取った「ある子供」。
麻薬中毒の男と国籍取得のために偽装結婚をしたヒロインが。彼と過ごす日々の中で本当の愛を知る「ロルナの祈り」。
と、常に社会の問題を自然に、過度な演出をせずに提起するダルデンヌ兄弟の作品は、観る側に社会の病巣を、人間の弱さを、
でもぬくもりを、伝えてくれます。

この少年と自転車もまさにそう。

「ただ、一緒にいてくれたら、それだけでいい。」というキャッチ。

この作品は、ダルデンヌ兄弟が「息子のまなざし」のプロモーションのために、来日したときに、少年犯罪についてもシンポジウムでたまたま聴いた「赤ちゃんの頃から施設に預けられた少年が、親が迎えに来るのを屋根にのぼって待ち続けていた。」
という衝撃的な話に着想を得て作られたのだそうです。

親に見捨てられた少年シリルが、生まれて初めて、信頼できる「大人」であるサマンサに出会うことで、心を開いて、人を信じ、善悪を学び、成長していく。
サマンサもまたシリルに「愛情」を与えることで、自分の内にある「母性」に気づき、人を守ることの責任と喜びを知っていきます。

少年の目で、少年自身の日常を描いているこの映画には、自分の都合、勝手な人間ばかりが出てきます。
唯一、少年とサマンサだけが毎日を一生懸命、さぐりながら生きています。

90分足らずの短い映画ながら、中身は濃くて、少年犯罪の問題なども提起されていて、今、世界だけでなく日本もこの問題は社会の問題として真剣に考えていくべきと再認識しました。

これからもこのダルデンヌ兄弟の作品からは目が離せないですね。

最後の少年とサマンサが乗っている自転車を交換して乗り換えするシーンがまた印象的。

syonentojitensya.jpg

★★★★★★★★☆
スポンサーサイト

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kasshy0101.blog91.fc2.com/tb.php/502-ab1aeb79

プロフィール

Kasshy

Author:Kasshy
一見真面目そうで、気難しそうで、実は結構おちゃらけで調子乗りだったりして...。でも根は真面目ですよ!

映画、音楽、芝居、絵画、写真、スポーツ、旅行、街ブラ、グルメ、お酒なんかが大好きだったりします!

気軽にツルんでくださいー。
ブロとも大歓迎ですよ~。 Kasshy

ブログで世界旅行(オランダ編)



presented by オランダ旅行

AquariumClock 2

スピッツ名曲集



presented by スピッツYoutube

四季の花時計

ちょっと Fall Puzzle!

欠落病


※注・・何回でもできますが過度の使用によりパソコンが著しく疲労する恐れがあります。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

キラキラ星

FC2ブログランキング

にほんブログ村ランキング

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。