スポンサーサイト

Posted by Kasshy on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『悟りと迷い』

Posted by Kasshy on 13.2012 Diary   0 comments   0 trackback
この間、久しぶりに源光庵に行ってきた。

京都は大好きだけど、とりわけいくつか好きなところがあって、この源光庵も好きなところのひとつ。

ここには、「悟りの窓」○と「迷いの窓」□がある。

悟りの窓はまるい形をしていて、『禅と円通』の心を表わしていて、円は大宇宙を表現しているんだそうです。

そして迷いの窓は四角く、『人間の生涯』を象徴していて、生老病死の四苦八苦を表わしているんだそうです。

ここは有名な割には、交通の便がよくないためか、いわゆる穴場になってるんだよね。大好きな場所です。


ここは、血天井があるのでも有名。

この血天井は、関ヶ原の戦いの直前、徳川家康が上杉景勝討伐に向かうため、留守居として鳥居元忠に伏見城を守らせていて、
家康が京を離れた隙を狙っていた石田三成の軍勢が伏見城を攻撃したんだそうです。

鳥居元忠とその部下は三成軍を少しでも長く京に留まらせ、会津まで援軍に行かせないようにと奮戦しましたが力尽き、落城の際に鳥居元忠ら380名以上が自刃。

その遺骸は関ヶ原の戦いが終わるまで約2ヶ月もの間、伏見城に放置されたままで、血痕や顔や鎧のあとが縁側の板に染み付き、いくら拭いても洗っても落ちなくなったんだそう。

そこで、縁側からその板を外し、供養のため寺に移したんだそう。

その際に床を、足で踏む床板にしては供養にならないからと、天井にして手厚く供養しているものがいわゆる「血天井」として京都各地に今も残っているんだそうです。

ほんと、足跡くっきり残ってますよ。

ここにいくとね、「人生」とか「想い」とか「念」って考えてしまうなあ。

写真は3,4年前に撮ったもの。

genkouan.jpg
スポンサーサイト

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kasshy0101.blog91.fc2.com/tb.php/490-ad3554a4

プロフィール

Kasshy

Author:Kasshy
一見真面目そうで、気難しそうで、実は結構おちゃらけで調子乗りだったりして...。でも根は真面目ですよ!

映画、音楽、芝居、絵画、写真、スポーツ、旅行、街ブラ、グルメ、お酒なんかが大好きだったりします!

気軽にツルんでくださいー。
ブロとも大歓迎ですよ~。 Kasshy

ブログで世界旅行(オランダ編)



presented by オランダ旅行

AquariumClock 2

スピッツ名曲集



presented by スピッツYoutube

四季の花時計

ちょっと Fall Puzzle!

欠落病


※注・・何回でもできますが過度の使用によりパソコンが著しく疲労する恐れがあります。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

キラキラ星

FC2ブログランキング

にほんブログ村ランキング

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。