fc2ブログ

『借りぐらしのアリエッティ』

Posted by Kasshy on 25.2010 Cinema   2 comments   0 trackback
『借りぐらしのアリエッティ』THE BORROWERS 2010

story
アリエッティはとある郊外の古い屋敷に住んでる小人の女の子。
小人の一族は、自分たちの暮らしに必要なモノを必要なだけ人間の世界から借りて生活する、借りぐらしの種族だ。
アリエッティが初めて借りに出たその夜、借りの最中に病気の静養でこの屋敷にやってきた少年・翔に姿を見られてしまう。
人間に姿を見られたからには、引っ越さないといけない。
掟と好奇心の間でアリエッティの心は大きく揺れるのだった…。

staff
監督:米林宏昌
脚本:宮崎駿、丹羽圭子
原作:メアリー・ノートン
音楽:セシル・コルベル

cast
アリエッティ:志田未来
翔:神木隆之介
ホミリー:大竹しのぶ
ポッド:三浦友和
牧貞子:竹下景子
ハル:樹木希林
スピラー:藤原竜也

日本でいや世界でも著名なアニメーションスタジオ、ジブリ。
その最新作「借りぐらしのアリエッティ」。
ジブリ作品は日本国内だけではなく、海外でも注目されており、事実、あのPIXERのジョン・ラセターでさえ、アイディアに行き詰ったとき、宮崎アニメを観てヒントを得ると語っています。
そういえば、先のトイ・ストーリー3の中で、トトロが出演してましたね。

この「借りぐらしのアリエッティ」の元となったのはイギリスの児童文学作家メアリー・ノートンの「小人の冒険シリーズ」。
郊外の古い屋敷の台所の床下に住み、生活に必要なものはすべて人間から借りて暮らす小人の一家。
アリエッティは、ある日、療養で屋敷に来た翔に姿を見られてしまう。

小人の種族では人間に姿を見られたら引っ越さなくてはいけないという掟があった。
この小人たちは人間と同じで特殊な能力などはなく、人間にみつからない程度に借りるものは、角砂糖やティッシュなどの食物や日用品。
人間のものを借りにいくことを、小人たちは狩りにいくともいう。
アリエッティが狩りの途中でみつけたマチ針を腰に刺すシーンがあるが、これで彼らの大きさがわかる。
小人たちは、借りたものを大切に利用して用心深く暮らしている。
現代の過剰消費に慣れた人間の暮らしとは対極の、慎ましく合理的な生活。
しかももち人に見られれば、住居を移動するといういわばジプシー生活。
そこからは、仮(借、狩)という意味合いもある。
所有欲の高い人間とはここでも違う。

アリエッティはある時、すこし油断したため、病気療養で屋敷にやってきた少年・翔に姿を見られてしまう。
翔はアリエッティに話しかけ、角砂糖をそっとプレゼントする。
翔の善意はそれでも小人の幸せにはつながらない。なぜなら見られたからには引っ越さねばならないからだ。

アリエッティと翔の声は、非常にマッチしていると感じた。
対照的に、アリエッティの両親の声が三浦友和と大竹しのぶ...。う~ん、私は正直言って違和感があった。
両親の風貌、顔と声がマッチしていないのだ。

これは何も今回だけではなく、俳優を声にあてる(しかも特徴的な声を人をわざと)ジブリ作品に感じること。

それでも今回は特に絵がすごく綺麗で緑が映えていた。
ドールハウスの細かい描写なども秀逸で、観ていてやすらぎを覚える。
緑の葉にアリエッティのシルエットが映る場面や、翔の肩に乗ったアリエッティの場面など、印象的なシーンも多い。

ただ、全体的に淡々と物語がすすみ、正直なところ面白みがない。
小人の日常生活...という感じ。
最後のシーンなどでも非常にあっさりで、これがいいんだという人もいるでしょうが、私には正直物足りませんでした。

初期のナウシカやラピュタのような幻想的かつ大冒険のスケールをもったジブリ映画をもう一度みたいと思うのは私だけじゃないと思うのですが。
karigurashi.jpg
★★★★★★☆

よければ、ポチっとお願いしますね! にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



ケニです。お久しぶりです。
沖縄滞在中に観にいきました。結構期待していたのですが、あのジブリ特有の世界がなく拍子抜けしました。この映画に関しては次世代育成のため、ハヤオさんは手をだしてないとか。というか最近のジブリ、描かれるキャラクターが少なすぎます。そこがダイナミックスさに欠ける、一要因でしょうか?今はなんというか調整期間なんでしょうね。
今後のジブリに期待します!!
2010.08.06 02:09 | URL | ケニー #- [edit]
> ケニです。お久しぶりです。

ケニー、マイドです!
ほんと久しぶり。ってかこっちもバテちゃって。無沙汰してました。

> 沖縄滞在中に観にいきました。結構期待していたのですが、あのジブリ特有の世界がなく拍子抜けしました。

う~ん、確かに最近のジブリには、なんかハートをくすぐるものがないですね。

この映画に関しては次世代育成のため、ハヤオさんは手をだしてないとか。というか最近のジブリ、描かれるキャラクターが少なすぎます。そこがダイナミックスさに欠ける、一要因でしょうか?今はなんというか調整期間なんでしょうね。

そうなんでしょうかね。

> 今後のジブリに期待します!!

また、ナウシカ、ラピュタ路線復活してほしいなあ。
2010.08.17 22:45 | URL | Kasshy #- [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kasshy0101.blog91.fc2.com/tb.php/305-ba188fe7

プロフィール

Kasshy

Author:Kasshy
一見真面目そうで、気難しそうで、実は結構おちゃらけで調子乗りだったりして...。でも根は真面目ですよ!

映画、音楽、芝居、絵画、写真、スポーツ、旅行、街ブラ、グルメ、お酒なんかが大好きだったりします!

気軽にツルんでくださいー。
ブロとも大歓迎ですよ~。 Kasshy

ブログで世界旅行(オランダ編)



presented by オランダ旅行

AquariumClock 2

スピッツ名曲集



presented by スピッツYoutube

四季の花時計

ちょっと Fall Puzzle!

欠落病


※注・・何回でもできますが過度の使用によりパソコンが著しく疲労する恐れがあります。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

キラキラ星

FC2ブログランキング

にほんブログ村ランキング

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード