fc2ブログ

『クリント・イーストウッド監督』

Posted by Kasshy on 16.2010 Favorite director   0 comments   1 trackback
クリント・イーストウッド監督 Clint Eastwood

クリント・イーストウッド。いうまでもなく俳優(ヒーロー)であり、名監督でもある米国の映画監督。
ご存じのようにプロデューサーや作曲も手がけ、市長も務めた政治家でもあります。

今年なんと80歳。老いてますます盛ん(笑)というか円熟味を増したというか、その作品に磨きがかかったと私は感じています。
よくイーストウッド作品はあまりにも正義が変に誇張されすぎるなどということを言う人もいますが、私はそうは思いません。
素直にまっすぐな気持ちの人なんだろうと...。
俳優としては、特に80年代までの西部劇やダーティーハリーなどのアクション・ヒーローものに出ていたイーストウッドに私は興味があまりなく、最初のアカデミー賞を受賞した「許されざる者」以降の俳優像に興味があります。

unforgiven.jpg
その「許されざる者」は、監督・主演。かつて西部中に悪名を馳せたが改心し、老いさらばえた男を演じました。
だが相棒(モーガン・フリーマン)が無実の罪で殺されたため、捨てたはずの銃を悪徳保安官(ジーン・ハックマン)に向けることになります。
当時、白人警官が黒人を暴行した「ロドニー・キング事件」への怒りも反映された、正義をめぐる物語です。
自作自演で長年の企画を実現させ、見事、作品賞、監督賞、編集賞、助演男優賞のオスカー4部門を獲得した名作です。
役者として、また演出面でも多大な影響を受けたと言う映画監督、セルジオ・レオーネとドン・シーゲルの師匠2人に献辞を捧げています。

aperfectworld.jpg
「パーフェクト・ワールド」はイーストウッド作品の中でも大好きな作品の1つです。
脱獄囚のブッチ(ケヴィン・コスナー)は、途中で8歳の少年フィリップを誘拐。やがて両者は心を通わせるようになり、フィリップを捨てた父から唯一届けられた絵葉書を頼りに、アラスカへと向かいます。
暗い影を落としながらも、新天地を求めようと逃亡の旅を続けるふたりの姿がいじましい良作です。

madison.jpg
「マディソン郡の橋」はベストセラーの映画化。恋愛映画。実は苦手な範疇です。(汗)
イーストウッドとメリル・ストリープ。それだけでも名優同志の恋愛。どんな映画だろうと...。正直、私はストーリー以上に映画の中の風景や家や小道具にずっと目がいってしまいました。
いい映画なんだろうけど。

mysticriver.jpg
「ミスティック・リバー」。これにはまいった。実はこの映画も好き!ただ、きっとこの映画、観る人によっては、意見がわかれる最たる映画なんだと思います。
正直、暗く重い映画ではあります。でもほんとショーン・ペン、ティム・ロビンス。ケヴィン・ベーコンというすごい俳優の共演、それだけでも観る価値のある映画だと思います。
ショーン・ペンは主演男優賞を、ティム・ロビンスは助演男優賞を獲得。

million.jpg
「ミリオンダラー・ベイビー」。イーストウッド監督に2度目の監督賞(作品賞も受賞)をもたらした名作。この映画も泣けますよ。とにかく、ヒラリー・スワンクがいい。
彼女は本当にすごい俳優だと思う。モ・クシュラの意味に感動。大好きなモーガン・フリーマンの味な演技にも注目。この映画、単なるボクシングものじゃなく、死生観まで描き切る重く崇高な映画でもあります。
考えさせられる映画なのです。

chichioya.jpg
「父親たちの星条旗」と「硫黄島からの手紙」は二部作というか双子作。米国が日米戦争において最大級の痛手を受けた「硫黄島の戦い」を、日米双方の視点から2作に分けて描くという方法で製作された面白い企画の作品です。
iwoto.jpg
どちらも観ましたが、まったく違う雰囲気の作品。どちらもなかなかです。ただ米国内ではどちらも興業的には成功しなかったらしいですが。
硫黄島の二宮君のあの顔、今でもよく覚えています。

changeling.jpg
「チェンジリング」は腐敗した警察に怒りがこみ上げる。信念を貫き通した母の愛に感動する良作。アンジェリーナ・ジョリーがこんな役もこなすのか。驚いた作品でもあります。

grantorino.jpg
そして、「グラン・トリノ」。おそらく男ならとくになんかググっとくるものがあると思います。「男の人生は最後に決まる」これぞイーストウッドの真骨頂という名作だと私は信じます。
無名俳優ばかり使って、この出来。いやだからこそなし得た名作だと感じます。

そして実は同じ年にイーストウッド監督は3本(2008年)もの映画を撮っていて、この2月にその3本目が日本でも封切りされるようです。
「インビクタス/負けざる者たち」。マット・デイモンやあのモーガン・フリーマンが出ています。
ネルソン・マンデラ大統領は、アパルトヘイトにより人種差別や経済格差が依然として残っていることを痛感する。
誰もが親しめるスポーツを通して、人々を団結させられると信じたマンデラ大統領は、南アフリカのラグビーチームの立て直しを図る。
マンデラの“不屈の精神”はチームを鼓舞し、団結させ、奇跡の快進撃を呼び起こす...というもの。ほんとまたイーストウッド作品にギブアップしそう!

監督作品

恐怖のメロディ Play Misty For Me (1971年)
荒野のストレンジャー High Plains Drifter (1973年)
愛のそよ風 Breezy (1973年) - 監督
アイガー・サンクション The Eiger Sanction (1975年)
アウトロー The Outlaw Josey Wales (1976年)
ガントレット The Gauntlet (1977年)
ブロンコ・ビリー Bronco Billy (1980年)
ファイヤーフォックス Firefox (1982年)
センチメンタル・アドベンチャー Honkytonk Man (1982年)
ダーティハリー4 Sudden Impact (1983年)
世にも不思議なアメージング・ストーリー Amazing Stories (1985年)1話
ペイルライダー Pale Rider (1985年)
ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場 Heartbreak Ridge (1986年)
バード Bird (1988年)
ホワイトハンター ブラックハート White Hunter Black Heart (1990年)
ルーキー The Rookie (1990年)
許されざる者 Unforgiven (1992年)
パーフェクト・ワールド A Perfect World (1993年)
マディソン郡の橋 The Bridges of Madison County (1995年)
真夜中のサバナ Midnight In the Garden of Good And Evil (1997年)
目撃 Absolute power (1997年)
トゥルー・クライム True Crime (1999年)
スペース・カウボーイ Space Cowboys (2000年)
ブラッド・ワーク Blood Work (2002年)
ミスティック・リバー Mystic River (2003年)
ピアノ・ブルース Piano Blues (2003年)
ミリオンダラー・ベイビー Million Dollar Baby (2004年)
父親たちの星条旗 Flags of Our Fathers (2006年)
硫黄島からの手紙 Letters from Iwo Jima (2006年)
チェンジリング Changeling (2008年)
グラン・トリノ GRAN TORINO (2008年)
インビクタス/負けざる者たち Invictus (2008年)

fro. Kasshy
スポンサーサイト



  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kasshy0101.blog91.fc2.com/tb.php/25-8601f3f8
クリント・イーストウッド監督『インビクタス 負けざる者たち』 | 大場 ... 『トゥルー・クライム』の主人公である筋金入りの記者は、死刑執行を目前にした男の無実を証明するために、事故死した同僚に導かれるように真相に迫っていく。 oba1.jpg. 『インビクタス 負けざ

プロフィール

Kasshy

Author:Kasshy
一見真面目そうで、気難しそうで、実は結構おちゃらけで調子乗りだったりして...。でも根は真面目ですよ!

映画、音楽、芝居、絵画、写真、スポーツ、旅行、街ブラ、グルメ、お酒なんかが大好きだったりします!

気軽にツルんでくださいー。
ブロとも大歓迎ですよ~。 Kasshy

ブログで世界旅行(オランダ編)



presented by オランダ旅行

AquariumClock 2

スピッツ名曲集



presented by スピッツYoutube

四季の花時計

ちょっと Fall Puzzle!

欠落病


※注・・何回でもできますが過度の使用によりパソコンが著しく疲労する恐れがあります。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

キラキラ星

FC2ブログランキング

にほんブログ村ランキング

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード