fc2ブログ

『プリンス・オブ・ペルシャ~時間の砂』

Posted by Kasshy on 30.2010 Cinema   0 comments   0 trackback
『プリンス・オブ・ペルシャ~時間の砂』PRINCE OF PERSIA:THE SANDS OF TIME 2010

story
国王の弟ニザム、王位継承者のタス王子、次男で軍司令官のガーシヴ王子は、ペルシャ国境近くにある聖なる都アラムートが敵側に武器を売りつけているという情報を得て、アラムートを攻撃する決断をする。
シャラマン王は以前からアラムートへの手出しを禁じていたが、今は遠く離れたナサフにおり、許可を得ている余裕はなかった。
王の意志に背くことに三男ダスタン王子は躊躇するが、戦が避けられないのであれば犠牲を最小限に留めたいと考え、ガーシヴの命令に背き、別ルートで自隊をアラムートに侵入させ、奇襲攻撃をかける。
ダスタン王子の活躍によりペルシャ軍は有利に戦いを進めた。
戦火のなか、ダスタン王子はアラムートの王女タミーナの密命をうけた戦士アソーカを倒す。
アソーカが命をかけて守ろうとしていた包みをひらくと、そこには別世界のもののような、風変わりな短剣があった。
ガラス製の柄に宝石がついていて、柄のなかには不思議な白い砂が入っていた。

staff
監督:マイク・ニューエル
脚本:ボアズ・イェーキン、ダグ・ミロ、カルロ・バーナード
製作:ジェリー・ブラッカイマー
原案:ジョーダン・メックナー
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

cast
ダスタン王子:ジェイク・ギレンホール
タミーナ王女:ジェマ・アーターソン
ニザム:ベン・キングズレー
シーク・アマール:アルフレッド・モリーナ
セソ:スティーヴ・トゥーサン
ガーシヴ王子:トビー・ケベル
タス王子:リチャード・コイル

砂漠って前にも書きましたが、好きです。
何故かしら、神秘的で、あの色彩も好き。砂漠をめぐる、あるいは砂漠を舞台にした物語も好き。
そして、主演があの「遠い空の向こうに」や「ブロークバック・マウンテン」のジェイク・ギレンホール。
脇を固めるのが、名優ベン・キングズレーに007/慰めの報酬やタイタンの戦いに出ていたジェマ・アーターソンら魅力的な俳優陣。
さらに監督がフェイク、ハリー・ポッターと炎のゴブレット、モナリザ・スマイルなどのマイク・ニューエルときたら、観にいかないとという感じ。

威厳にあふれるペリシャ帝国の王シャラマン。無用な争いを好まず、洞察力に富む偉大な国王。
王の実弟で、武力に優れカリスマ性があり、政治的手腕にも長けたペリシャ帝国の高官ニザム。王子たちの良き後ろ盾でもあるが、どこか謎めいた雰囲気を漂わせる。
ペルシャ王の長男であり、王位継承者であるタス王子。雄弁、誠実で善意にあふれるが、決断力に欠ける。
次男ガーシヴ王子は、勝気で、戦士としての資質は十分。兄や弟ダスタンへのライバル心も強烈。ペリシャ帝国軍の司令官。
そして、幼い頃、市場でペルシャ軍指揮官から幼い少年を救出し、自らは捕えられ、片手を切り落とされそうになったところを、その勇気に惚れてシャラマン王はダスタンを王子として迎え入れる。
三男ダスタンは、やがてペリシャのライオンと呼ばれる勇者に成長。粗野だが、危機に瀕しても高潔な精神を失わない、勇気の男。

物語は、国王の意志に背き、敵側に武器を調達していたという理由で、聖なる都アラムートに攻め入るペルシャ軍の攻防から幕を開けます。
ダスタン王子の活躍でアラムートを攻略したペルシャ軍。
アラムートの王女タミーナは、タス王子の妻として迎えるという話に。

シャラマン国王は、息子たちの聖なる都アラムート制圧に苦言を呈する。
長男タス王子は、敵側に武器を渡していた証拠をつかむまでは、ナサムに戻らないと誓う。
そして自らの代わりにダスタンを国王に会わせ、王への献上品としてアラムートの祈りの法衣とタミーナ王女を引き合せるようにする。
国王は、ダスタンから法衣を受け取り、着衣する。
そして、タミーナ王女は、長男タスではなく、ダスタンの妃になるよう命じる。

やがて、国王は突然苦しみだし、王はその場で絶命する。法衣に毒が塗られていたのだ。
国王に法衣を献上する役目だったダスタンは国王暗殺者の汚名をきせられ、捕えられそうになるが、タミーナ王女ととに危機一髪王宮を脱出する。

ここから物語は一気に展開していきます。
アラムートの王女タミーナが所有していたガラスの柄の短剣をめぐって...。

ストーリーが判り易く、登場人物の設定も明快。アクションあり、ユーモアもあり、絢爛豪華であり、非常にみやすい映画でした。

最初ジェイク・ギレンホールがこんな役できるのかとも思ってましたが、ハマっていました。
あんなムキムキだとは知りませんでした。かなり鍛えたんでしょうね。やっぱり役者ってのはすごいね。
王女役のジェマも、最初に登場した顔、雰囲気と最後のほうの顔、雰囲気がまるで違う。たぶん、意識的にそうしていると思いますが、よかった。欲をいえば、もうちょっと勝気でも華やかさのある王女がよかったかなあ。オーラがイマイチ。

それになにより、ベン・キングズレーが出ているので、要所がシマっているのがいい。

そもそも何故、国王の命に背き、王子たちと叔父が聖都アラムートを攻め入ったのか...。
このガラスの柄の短剣の秘密、威力はどんなものなのか...。
これがこのストーリーの鍵。
persia.jpg
★★★★★★★

よければ、ポチっとお願いしますね! にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kasshy0101.blog91.fc2.com/tb.php/248-9b5bdde5

プロフィール

Kasshy

Author:Kasshy
一見真面目そうで、気難しそうで、実は結構おちゃらけで調子乗りだったりして...。でも根は真面目ですよ!

映画、音楽、芝居、絵画、写真、スポーツ、旅行、街ブラ、グルメ、お酒なんかが大好きだったりします!

気軽にツルんでくださいー。
ブロとも大歓迎ですよ~。 Kasshy

ブログで世界旅行(オランダ編)



presented by オランダ旅行

AquariumClock 2

スピッツ名曲集



presented by スピッツYoutube

四季の花時計

ちょっと Fall Puzzle!

欠落病


※注・・何回でもできますが過度の使用によりパソコンが著しく疲労する恐れがあります。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

キラキラ星

FC2ブログランキング

にほんブログ村ランキング

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード