スポンサーサイト

Posted by Kasshy on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『日本はどこへゆく』

Posted by Kasshy on 13.2010 News   0 comments   0 trackback
日本はどこへゆく

『なぜ人気? 中国人、日本の森林を相次いで買収』

こんな記事が載ってた。

MONEYzine 12月12日(日)14時40分配信

外国人が日本の森林の買収を進めている。
この数年、日本の森林の価格は下落を続けており、今が底値と判断した海外投資家が購入するケースが多い。
また、水源として利用しようと考える海外企業もあるようだ。
世界の水の需要状況では、先進国では健康や美容などへの関心の高まりから、良質な水へのニーズが旺盛になりつつある。
一方で、発展途上国では人口増加や経済発展によって、生活用水が不足する事態が起きている。
経済産業省が発表した2008年度の通商白書によると、安全な水の供給を欠いている人口は、世界で11億人とされ、安全な水が無いために、毎日4500人以上の児童が亡くなっているという。
水不足は今後更に深刻化するとみられており、2025年には世界で55億人の人間が水不足に陥ると予想されている。
日本の森林を買収する外国人の中でも、特に中国人の動きが目立っている。
中国には長江や黄河などの大河があり、豊富な水を有する国のイメージがある。
しかし、中国の年間平均降水量はおよそ660ミリで、1700ミリ近い日本の半分にも満たない。
さらに、長江や黄河にはそれにつながる支流が少ないため、大地に水が行き渡りにくいといった欠点もある。
そのため、慢性的に水不足の問題を抱えている。
また、中国の国土は平地が多いため、河川の水の流れが遅く、汚れた水が滞留しやすい。
河川の汚染が進む中国では、汚染が水不足に拍車をかけているといっていい。
中国人が日本の森林の買収に動く背景には、こうした事情がある。
日本は資源のない国だといわれているが、実は森林と水に恵まれた有数の資源国である。
そのことに気付いた外国人は、今後も日本の森林の買収を続けるとみられている。
これに対し林野庁は都道府県にヒアリングを開始し、情報収集に努めているという。
しかし、それだけでは買収を止めることはできない。
諸外国のように、外国人や外国法人の土地所有について地域を限定したり、事前許可制をとるなどの制限を設ける必要性がありそうだ。

まさにこの問題って、今の日本を象徴してるような気がしてならないよね。
日本はどこへゆくのかなあ。ほんと心配。
みんな勝手なことばかりしている。エゴイスティック。
日本のいいところって何だったのか。思い出そうよ!
いいところ、いいこと、いっぱいあるはず!!


スポンサーサイト

『戦々恐々、来春は花粉症の方ご用心』

Posted by Kasshy on 05.2010 News   0 comments   0 trackback
たぶんそうなんかなあって思ってたけど、やっぱり来春は今夏の猛暑の影響で、花粉が飛びまくるみたいだよ!
俺は花粉症じゃないけど、周りに花粉症の人が多いので、かわいそう。
アレルギー傾向のある人も要注意だとか。
俺も注意せんとなぁ...

以下、ウェザーニューズより 抜粋

------------------------------------------------
ウェザーニューズ、2011年の花粉飛散傾向発表

来春の花粉飛散量、全国的に今年より5倍の見込み
~ 記録的猛暑の影響で、近畿では今年の10倍、関東では7~8倍の大量飛散の可能性 ~

来春の飛散量の傾向
スギ花粉の雄花生産量は、前年の夏の天候(日照時間、最高気温、降水量)との相関が高いことがわかってきています。
中でも日照時間が雄花生産量と関係が深く、これは光合成によって生産量が多くなるためだと考えられます。
2010年の夏は、太平洋高気圧の日本付近の張り出しが非常に強く、記録的な猛暑となりました。
また、日照時間も長かったため、雄花の生産量は多くなり、2011年の花粉飛散量も多くなると予想されます。
さらに、多く飛散した翌年は飛散数が少なくなったり(裏年)、少ない年の翌年は多くなったり(表年)と、花粉の飛散量は交互に増減する傾向があります。
2010年のシーズンはスギ花粉の飛散が全国的に少なかったため、2011年のシーズンは表年(統計的に多い年)にあたると想定されます。
一方、北海道のシラカバ花粉に関しては、2011年は裏年(統計的に少ない年)にあたりますが、2010年の夏が記録的な暑さであったため、2011年は2010年と同等か多く飛散する可能性があります。
先週、全国のウェザーリポーターと花粉飛散量のもととなるスギの雄花を調査した「雄花リポート」を見ると、昨年と比較して今年は雄花の数が非常に多いと感じている報告が多数寄せられています。
スギ花粉の発生源となる雄花のこの時期の成長具合は、花粉飛散量に大きく影響します。
これらを総合的に考慮すると、2011年の花粉飛散量は、全国的に2010年よりも多く、全国平均では2010年の約5倍の飛散量となる見込みです。
過去の2005年にスギ花粉の大量飛散となりましたが、2011年はその時と同等かそれ以上に飛散する可能性があります。
また、スギ花粉症患者の多くがヒノキ花粉にも反応することが知られています。
ヒノキ花粉の飛散数は、スギ花粉の飛散数と傾向が似ているため、2011年はヒノキ花粉の飛散量も多くなると予想されます。
これまで寄せられた花粉症の症状報告を見ると、花粉飛散量が多くなると、症状が悪化する方が多くなるだけではなく、これまで花粉症ではなかった方が花粉症を発症することも多くなります。
2011年は花粉症患者にとってはもちろん、これまで花粉症とは無関係と思っていた方にとっても、油断できないシーズンとなりそうです。
2月以降は徐々に花粉飛散数が増えていくので、早めに事前対策をしっかりと進めておくと良さそうです。

kafunhisan.jpg

『13歳、史上最年少エベレスト登頂成功』

Posted by Kasshy on 22.2010 News   0 comments   0 trackback
13歳の米国人少年が22日、世界最高峰エベレストの登頂に成功した。
13歳での制覇は2001年にネパール人が達成した16歳を更新し、世界最年少記録となる。
少年の参加する登山隊がホームページ上で明らかにした。
少年はカリフォルニア州出身のジョーダン・ロメロ君。
AFP通信などによると、父親やシェルパらと登山隊「チーム・ジョーダン」を結成し、中国チベット自治区側から登攀(とうはん)を開始。
現地時間の同日午前、高さ8848メートルの頂上にたどり着いた。
ロメロ君は頂上から衛星電話で「信じられないくらいにうれしい」と喜びを表現した。
9歳の時に学校でエベレストの絵を目にして以来、登頂を夢見てきたといい、過去にも南米最高峰アコンカグア(6960メートル)などを制覇。
今回のエベレスト登頂に向け、地元カリフォルニアの山々で厳しい訓練を重ねてきたという。
(時事通信より)
evelest.jpg
いや~、世の中にはほんとすごい人というかすごい子がいるねえ。
まあ、またそういう環境、周りのサポートというか、何でもやらせるって感じがこういうパワーをうけつけるんだと思うね。
日本ってやっぱり平和ボケ?(決して平和が悪いって言ってるのではなくて...)
過保護すぎるのかもねえ。

『遼、驚異的“58” 大逆転で中日クラウンズ優勝』

Posted by Kasshy on 03.2010 News   0 comments   0 trackback
はにかみ王子でなく、石川、遼と呼ばれるようになって久しいが、やっぱりこいつは凄い!

石川遼が、世界主要ツアーでは史上最少スコアとなる58をマークし、大逆転で中日クラウンズを優勝。今季初優勝でツアー通算7勝目を挙げた。
首位と6打差18位でスタート。
前半は日本ツアー記録のスコア28と快進撃。後半も5バーディーを積み重ね、12バーディー、ノーボギー、通算13アンダーの267。
2位に5打差をつけて圧勝。
12バーディーは日本タイ記録。
今季はマスターズ、国内ツアー開幕戦で予選落ちするなど、不本意な結果が続いていたが、神がかりゴルフで爆発。
ryo1.jpg
尾崎や青木、中島のような爆発力が彼にも。
やっぱり、遼はとことん攻めのゴルフが合っている。

『007シリーズ23作目お蔵入りか!?』 NEWS

Posted by Kasshy on 21.2010 News   0 comments   0 trackback
アメリカン・ビューティー、レヴォリューショナリーロード/燃え尽きるまでのサム・メンデス監督がメガホンをとり、ダニエル・クレイグの続投が決まっていた007シリーズの第23弾「Bond23」の製作そのものがお蔵入りになったとハリウッド・レポーター紙が報じたらしい。

製作元もMGMが昨年、約37億ドルの負債を抱え経営難に陥ったことが発覚。
買い取り先を探していたが、結局見つからず、Bond23プロジェクトは無期限延期となったらしい。

非常に残念です次作が正念場かな?といい意味で期待していたシリーズなのに...

daniel.jpg

『アイスランド火山噴火』 NEWS

Posted by Kasshy on 20.2010 News   0 comments   0 trackback
もうちょっと遅いネタですが...。

アイスランドの火山噴火による欧州の航空機関連の影響は尋常じゃないみたいで。

いろんなところに影響が出ているようです。

うちの会社の社員も欧州出張中で、ベルギーから上海に行かねばならないところ、
数日足止めをくらっていて、今日ようやく飛行機が飛んだようです。

自然の猛威には逆らえません。

それにしても、写真だけみると綺麗なんですが...

このニュースを知って、アイスランドって改めて調べる機会に恵まれた感じです。

iceland1.jpg
iceland2.jpg
iceland3.jpg
 

プロフィール

Kasshy

Author:Kasshy
一見真面目そうで、気難しそうで、実は結構おちゃらけで調子乗りだったりして...。でも根は真面目ですよ!

映画、音楽、芝居、絵画、写真、スポーツ、旅行、街ブラ、グルメ、お酒なんかが大好きだったりします!

気軽にツルんでくださいー。
ブロとも大歓迎ですよ~。 Kasshy

ブログで世界旅行(オランダ編)



presented by オランダ旅行

AquariumClock 2

スピッツ名曲集



presented by スピッツYoutube

四季の花時計

ちょっと Fall Puzzle!

欠落病


※注・・何回でもできますが過度の使用によりパソコンが著しく疲労する恐れがあります。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

キラキラ星

FC2ブログランキング

にほんブログ村ランキング

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。