スポンサーサイト

Posted by Kasshy on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『夜の国のクーパー』

Posted by Kasshy on 11.2012 Book   0 comments   0 trackback
『夜の国のクーパー』伊坂幸太郎

cooper.jpg


大好きな伊坂幸太郎の書き下ろしなら、読まなきゃ!って。
読んじゃいました。

「この国は戦争に負けたのだそうだ。
占領軍の先発隊がやってきて、町の人間はそわそわ、おどおどしている。
はるか昔にも鉄国に負けたらしいけれど、戦争に負けるのがどういうことなのか、町の人間は経験がないからわからない。
人間より寿命が短いのだから、猫の僕だって当然わからない──。」

これは猫と戦争と、そして何より、世界の秘密のおはなし。

ミステリーというよりはファンタジー...というか寓話っていうのがしっくりくるかなあ。
400ページある長編なんですが、正直なところ、読み進めるのがちょっと大変な小説でもあります。
伊坂ファンでそうなのだから、そうでない人はどうだったんだろ?

それは別に面白くないとかいうことではなくて、すいすいと、あるいはグイグイ引き込まれるという
感じじゃないからなんですよね。

とにかくずーっつと淡々と進んでいくので...。
ただ、そこでつまらんと思って諦めることなかれ...。

ラストの100ページでそれまで張り巡らされた伏線の回収が始まります。
どんでん返しもあり。

ただやっぱり、伊坂幸太郎の作品にしては、うなるほどではなかった。
好き嫌いがはっきり分かれる作品かもね。
スポンサーサイト

『砂漠の悪魔/近藤史恵』

Posted by Kasshy on 31.2010 Book   0 comments   0 trackback
砂漠の悪魔/近藤史恵

この人の作品は、かつて本屋大賞2位になった「サクリファイス」という自転車ロードレースの世界を舞台にした青春ミステリーを読んだことがあって非常に面白かった印象があり、店頭に新刊が出ていたので思わず買ってしまいました。

大学生の広太は小さな悪意から親友を自殺に追い込んでしまいます。
平凡な大学生活から一転、極寒の北京で日本人留学生鵜野雅之と出会い、広大な中国西部を旅することに。
終着地のウイグル自治区で、広太は生きる意味を見いだせるのか...。

砂漠の悪魔というタイトルが何を意味するのか...。
興味深々というか、読み進んでいってもなかなか核心まで迫らない。

最後にこのタイトルの意味はわかりますが、う~ん、確かにどんどん読み進められるし、このあとどうなる?どうなる?というこの人の読みやすくてテンポのよい文章は、前のとおり。
そういう意味ではなかなかおもしろかったし、あちこちに世界で起こっているいろんな問題が提起されていて、よく物事を調べてるなあって感じました。

ただ、現実問題、こういうことは起こりづらいなあって。まあフィクションなんで、そこはね。

sabakunoakuma.jpg

『マリアビートル/伊坂幸太郎』

Posted by Kasshy on 20.2010 Book   0 comments   0 trackback
マリアビートル/伊坂幸太郎

本屋大賞、山本周五郎賞を受賞した「ゴールデンスランバー」以来の書き下ろし小説。
大好きな伊坂の真骨頂。

元殺し屋の「木村」は、幼い息子に重傷を負わせた相手に復讐するため、東京発盛岡行きの東北新幹線〈はやて〉に乗り込む。
狡猾な中学生「王子」。腕利きの二人組「蜜柑」&「檸檬」。ツキのない殺し屋「七尾」。
彼らもそれぞれの思惑のもとに同じ新幹線に乗り込み...。

いやー、一気でした。
これ間違いなく映画になるんじゃないですか!
映画向きの設定だし、新幹線の中で繰り広げられる壮絶な駆け引きとバトル。
いつもながら、会話のウィットとテンポはすごいし、キャラもすごい。

「王子」は神木くんかなあ...。
ポイントは「七尾」だとおもうなあ。誰だろう...

mariabeetle.jpg

『サクリファイス』近藤史恵

Posted by Kasshy on 18.2010 Book   0 comments   0 trackback
『サクリファイス』近藤史恵

20080615_331906.jpg

Story
かつて陸上のエースだった白石誓は、その座を捨てロードレースの選手となる。
チームメートには、エースとなる才能を持った伊庭がいる。
伊庭が勝てるよう、アシストするのが、自分の役割だと思っていた。
ところが、出場したレースで、誓は海外チームが日本人選手を引き抜こうとしていることを知る。
また同時期に、誓は、現在のエースである石尾の過去の事故について疑問を抱いていた。

第5回本屋大賞2位なんだそうです。
ちなみに1位は伊坂の「ゴールデンスランバー」。これはうなずける!!
ってことで、このサクリファイスも期待して読みました。

ほんとすいすい読めました。
ツール・ド・フランスっていう自転車レースがある事は知ってましたが、自転車ロードレースってこういう細かい駆け引きがあるんだとは知りませんでした。
各選手が目標としているのは自分のチームから優勝者を出すこと。
チームには優勝を狙う「エース」が存在し、他の選手は「アシスト」と呼ばれ、アシストは自分の優勝は全く気にしない。
途中で力尽きようとも、すべての力を「エース」のために使う。
文字通り、このタイトル「サクリファイス」。頷けます。

主人公の白石誓はチーム・オッジに入って2年目。
エースの石尾豪、一緒に入った伊庭和実、最年長の赤城さんなどと一緒にロードレースに出場している。
白石は高校時代まで有名陸上選手だったが好きだった人が去り、走る目標もないまま、たまたまテレビで見たロードレースに魅せられその世界に入ったのだった。
石尾から伊庭と共にツール・ド・ジャポンに出場するように告げられた白石。
さらに大会中に、スペインチームの選手から「監督が若手日本人選手を探している」という話を聞いた。
南信州でステージ優勝してしまった白石、その矢先に先輩・篠崎から「ステージ優勝はいいが、総合優勝は狙うな」と釘を刺される。
3年前、エース格にのし上がろうとしていた若手・袴田が、石尾とクラッシュを起こして半身不随になる事故があり、篠崎はそれを石尾が嫉妬で潰したと言うのだ・・・。

常に死がまとわりつくロードレースの過酷さ。
エースを優勝させる為に自分を「犠牲」にするアシスト。
レースの中でのそれぞれの思惑や展開、駆け引きなど、グイグイと引きこまれました。
悲しい事故が起こり原因を追究しようとする白石。
石尾のロードレースに対する熱い気持ちに呆然となります。

もともと、個人競技よりもチーム競技が好きなオレには結構このロードレースってのいい感じです!
 

プロフィール

Kasshy

Author:Kasshy
一見真面目そうで、気難しそうで、実は結構おちゃらけで調子乗りだったりして...。でも根は真面目ですよ!

映画、音楽、芝居、絵画、写真、スポーツ、旅行、街ブラ、グルメ、お酒なんかが大好きだったりします!

気軽にツルんでくださいー。
ブロとも大歓迎ですよ~。 Kasshy

ブログで世界旅行(オランダ編)



presented by オランダ旅行

AquariumClock 2

スピッツ名曲集



presented by スピッツYoutube

四季の花時計

ちょっと Fall Puzzle!

欠落病


※注・・何回でもできますが過度の使用によりパソコンが著しく疲労する恐れがあります。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

キラキラ星

FC2ブログランキング

にほんブログ村ランキング

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。