スポンサーサイト

Posted by Kasshy on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『フェルメールにあいたい』

Posted by Kasshy on 04.2012 Paint   0 comments   0 trackback
京都でフェルメール作品が来たときに観にいったけど、やっぱりフェルメールって
ほんとすごい。彼の作品には人を癒す、人の心にしみいるものがあると思うな。

一言でいうと、観る人の気持ちを受け止めてくれる絵なのかな。

空間構成のうまさはもちろん、光と影を巧みに使った画家。
もうひとつ、ソフトフォーカス。
やわらかみのあるボカし感のある絵。
その一方で、色はこの時期の作家にしては珍しい鮮やかさ。
とくに有名なフェルメールブルーといわれる、ラピスラズリ(瑠璃)を使った
青(群青)。

素敵だなあ。

東京で開催されてる「真珠の耳飾りの女」観たいなあ。

vermeer1.jpg
スポンサーサイト

『サルバドール・ダリ』

Posted by Kasshy on 16.2010 Paint   0 comments   0 trackback
小学校のときの図工の教科書にも載ってた「記憶の固執」。

そう、偏執狂的批判的方法を駆使したシュールレアリスムの代表画家、ダリ。
好きな画家の一人です。
えっ?何?変わってるって?そうわたくし、変わり者でございます。

観る者の空想能力に基づくイメージ解釈のひとつ。ダブルイメージをよく用いたダリの絵は観ていて、あきない!
dali1.jpg
『記憶の固執』(Persistance de la memoire)1931年
The Museum of Modern Art

ダリのシュールレアリスムの中でもとりわけ、有名でそれに観るものに様々な解釈を与える傑作!とわたくしは思うこの大自慰者。
dali2.jpg
『大自慰者』(Le grand masturbateur)1929年
Private collection

それから、この色がなんともいえず好きな絵、
dali3.jpg
『ミレーの≪晩鐘≫の古代学的回想』(Reminiscence archeologique de l'Angelus de Millet)1933年
ダリ美術館

最後はやはりすごく有名なこの絵。
ダブルイメージで特に有名。描かれているひとつひとつのものに大きな意味が!
dali4.jpg
『ナルシスの変貌』(Metamorphpse de Narcisse)1937年
テイト・ギャラリー

う~ん、やっぱり、ダリは偉大だ!

fro. Kasshy
 

プロフィール

Kasshy

Author:Kasshy
一見真面目そうで、気難しそうで、実は結構おちゃらけで調子乗りだったりして...。でも根は真面目ですよ!

映画、音楽、芝居、絵画、写真、スポーツ、旅行、街ブラ、グルメ、お酒なんかが大好きだったりします!

気軽にツルんでくださいー。
ブロとも大歓迎ですよ~。 Kasshy

ブログで世界旅行(オランダ編)



presented by オランダ旅行

AquariumClock 2

スピッツ名曲集



presented by スピッツYoutube

四季の花時計

ちょっと Fall Puzzle!

欠落病


※注・・何回でもできますが過度の使用によりパソコンが著しく疲労する恐れがあります。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

キラキラ星

FC2ブログランキング

にほんブログ村ランキング

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。