スポンサーサイト

Posted by Kasshy on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ふらり立ち寄れるBarみ~つけたっ!』

Posted by Kasshy on 25.2012 Single Malt   0 comments   0 trackback
ほんとは、やなことや落ち込んだりして
それをお酒でまぎらわせるのって
どうかなって
いつもおもうんだけど...

でも、いいお酒を飲ませてくれるお店があると
なんかよりどころっていうか
隠れ家っていうか
そういうの見つけたような気がします

今日、友人につれられて、桜の宮のBar Leigh ISLAY
ってスタンディングバー行ってきました。

こじんまりした小さなバーですが、きどったところなく、若いマスター(28歳なんだそうです)
一人で切り盛りしているモルトバーです。
カクテルも飲めるお店のようで、
俺はあまりカクテル飲まないんだけど、
今度自慢?のカクテルを一度飲んでみたいなと思いました。

ちょっとシャイなマスターですが、そこんところがまたいいな!

また是非いきたいお店です。
今日のイチオシは
グレンモーレンジ アルテイン
度数は46度
アルテインって石の意味だそう。

石灰石をとおった水を使用しているからだそう。

ベリー系の甘い香りにスムージーでちょっとスパイシーな味わいです。
ボトルがブランディボトルで、なかなかラベルも色も感じもおしゃれです。

glenmorangie_artein_a.jpg
スポンサーサイト

『タリスカー/TALISKER10』

Posted by Kasshy on 24.2010 Single Malt   0 comments   0 trackback
『タリスカー/TALISKER 10』Single Malt Whisky

Single Malt Whisky。
久々のご紹介です!

今回は、この梅雨の時期には、ある意味もってこいのモルト!

舌の上で爆発するような もしくは 強烈な胡椒風味 とも言われる
超スモーキーでピリピリと塩味が舌に残る無骨なパワーを秘めたドライでハードボイルドなモルト タリスカー

マンネリなとき、気分が滅入ってるとき、シャキっとしたいときなどうってつけです。

TALISKERとは、傾いた大岩という意味らしい。

SKYE島唯一の蒸留所で、ここの初留釜のラインアームの形状が特異で、途中2度上下に曲げられています。
さらにラインアームの内部に溜まった留液は細いパイプで蒸留釜内部に戻され、再び蒸留されます。
この特殊なシステムがタリスカーのパワフルで胡椒な風味を生んでいるとも言われます。

個人的には味はもちろん、ボトルデザイン、ラベルデザインも好きなシングルモルトでも5本の指に入れてる銘酒です。

是非、一度ご堪能を!

talisker.jpg

『カリラ/CAOL ILA 12』

Posted by Kasshy on 27.2010 Single Malt   0 comments   0 trackback
『カリラ/CAOL ILA 12』Single Malt Whisky

Single Malt Whisky。
ご紹介、第3弾は......

またまたアイラモルトです。(すみません。)

アイラモルトの特徴である「潮の香り、海藻のような」は、このカリラにもあります。
アイラモルトには程度の差こそあれ、独特のヨード臭とスモーキーさがあるので、大好きなんです。

ブレンディッドスコッチウイスキーのほとんどにアイラモルトは入っていて、いわゆるアクセントになるモルトです。

さて、このカリラ。
アイラモルトの中ではまだ比較的軽めでドライ。色も淡い色なのだが、それでもピリっとした辛さがあり、スモーキー。
見それにフィニッシュは、オイリー。た目以上に個性的なモルトです。

カリラは、カオルとイーラがくっついていて、カオルが海峡という意味。イーラはもちろんアイラ島の意味。

仕込み水はナムバン湖の水を使用。この湖はピート色の濃い湖なんだそうです。

12年ものが一般的に出回っています。
caolila.jpg
55度のカスクがちょっと高いですが、逸品だと思います。
燻製のようなスミーキーさとヨード臭が強烈です。

『ラフロイグ/Laphroaig10』

Posted by Kasshy on 07.2010 Single Malt   2 comments   0 trackback
『ラフロイグ/Laphroaig10』Single Malt Whisky

恐らくこのモルトウイスキーほど、好き嫌いがはっきりと分かれるモルトはないのでは...。
それくらい非常に強烈な個性、強烈な香りと風味を持つモルトです。

薬品臭い、口内消毒液、ヨードチンキっぽいそんな香り(というな臭い)。
非常にスモーキーでピーティ。海藻の香りと言われます。

ほんと、飲みなれない人はたぶん、飲めないと思います。
でも、好きな人はほんとハマります。

例のラガヴーリンとともにアイラモルトの巨星の1つ。

仕込み水はサーネイグ・バーンという小川の水。
独自のフロアモルティングを今でも行っており、麦芽を乾燥させるピートも、蒸留所のピートベッドから切り出されています。
このピートにはヘザーだけでなく多量の苔も含まれているらしく、それがラフロイグの個性を作り出しているのだそう。

熟成にはファーストフィルのバーボン樽しか使わないという頑固なこだわりを持っているディスティラリーでもあります。
チャールズ皇太子愛飲のモルトだそうで、シングルモルトとしては初のプリンス・オブ・ウェールズ御用達の勅許状を賜ったことでも有名。

サントリーが扱っていて、アイラモルトの中では、一番コストパフォーマンスに優れているのも魅力です!

ちなみにLaphroaigとは、「広い入り江の美しいくぼ地」という意味だそうです。
013.jpg
fro. Kasshy

『ラガヴーリン/Lagavulin16』

Posted by Kasshy on 07.2010 Single Malt   0 comments   0 trackback
『ラガヴーリン/Lagavulin16』Single Malt Whisky

お酒大好きな私ですが、とりわけ好きなのが、シングルモルトウイスキー。
なかでもアイラ(ISLAY)と呼ばれるアイラ島の蒸留所のウイスキーが大好きです。

その中でもイチオシがこのラガヴーリン。
重厚かつなめらかな口当たり、舌触り。
強いピート香があり、潮、海藻の香りなどがすると言われます。
lagavulin16.jpg
Single Malt Whiskyの中でもアイラのウイスキーはピート香の強いものが多く、独特の風味で熱狂的なファンがいる反面、絶対イヤという人も多く、ある意味、強烈な個性を持ったウイスキーでもあります。
その中でもこのラガヴーリンは、深みやコク、バランスがよく、やはりおいしい!

ただ、少し残念なのは、ここ数年でかなり味の変化があり、深みが失われつつあります。
それにしばらく出回る本数が少なく、他のモルトと比べ、高価になっているところも残念。

それでもやはり大好きなモルトです。

ちなみにLagavulinはゲール語で「水車小屋のあるくぼ地」という意味だそう。

ボトリングがまたかっこいいんだよね!

fro. Kasshy
 

プロフィール

Kasshy

Author:Kasshy
一見真面目そうで、気難しそうで、実は結構おちゃらけで調子乗りだったりして...。でも根は真面目ですよ!

映画、音楽、芝居、絵画、写真、スポーツ、旅行、街ブラ、グルメ、お酒なんかが大好きだったりします!

気軽にツルんでくださいー。
ブロとも大歓迎ですよ~。 Kasshy

ブログで世界旅行(オランダ編)



presented by オランダ旅行

AquariumClock 2

スピッツ名曲集



presented by スピッツYoutube

四季の花時計

ちょっと Fall Puzzle!

欠落病


※注・・何回でもできますが過度の使用によりパソコンが著しく疲労する恐れがあります。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

キラキラ星

FC2ブログランキング

にほんブログ村ランキング

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。