スポンサーサイト

Posted by Kasshy on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『A LONG VACATION』

Posted by Kasshy on 10.2012 Favolite Album   0 comments   0 trackback
『 A LONG VACATION』大滝詠一


通称ロンバケで有名な大滝詠一の大ヒットアルバム。
いかにも、梅雨明け後の爽快な夏をイメージするアルバムです。

このアルバムからは、君は天然色、恋するカレン、さらばシベリア鉄道、雨のウエンズデイがシングルカットされています。

ちょっとけだるく甘いうた声と独特のナイアガラサウンドが、逆に目新しく、大ヒットしましたね。

この後にでたアルバム EACH TIME とは対のような関係にあるアルバムです。

恋するカレンを聴いて、な~んか懐かしくなりました。
と同時に聴いていた当時を想いだして....。

う~ん、やっぱりいい。
そして懐かしく、ちょっぴり切ないです。

タイトルのようなロング ヴァケイション とりたいなーー

alongvacation.png
スポンサーサイト

『HOTEL CALIFORNIA / EAGLES』

Posted by Kasshy on 28.2010 Favolite Album   0 comments   0 trackback
HOTEL CALIFORNIA / EAGLES
hotelcalifornia.jpg
ロック史上に残るイントロと言われるHOTEL CALIFORNIAのイントロ。
誰もが一度は耳にしたことがあるでしょう。

その名曲HOTEL CALIFORNIAで始まる70年代を代表する不滅の傑作アルバムと言われるのが、このEAGLESの「HOTEL CALIFORNIA」。
イーグルスの6枚目のアルバムになる。このアルバムで精根尽き果てたのか、イーグルスはこれ以降おかしくなっていくよねえ。

1971年、リンダ・ロンシュタットのバックバンドをしていたグレン・フライ、バーニー・リンドン、ランディ・マイズナー、ドン・ヘンリーの4人がインディアンの神話から取ったとされるEAGLESというバンドを結成。
初期は、カントリーロック調の曲が多く、ウエスト・コースト・ロックの代表とみられていた。
74年にドン・フェルダーが加入。翌75年にジョー・ウォルシュが入り、黄金時代が来る。

「HOTEL CALIFORNIA」は、当時の都市社会の矛盾を揶揄した歌詞と13本ものギターを重ねた完璧なサウンド・ワークによって、1970年代のアメリカン・ロックを代表する曲となったタイトル曲「Hotel California」、かつての勢いを失いつつあったウエスト・コースト・ロック界を皮肉った「New Kid In Town」、はびこるエゴ社会に警鐘を鳴らすかのような「Life In The Fast Lane(駆足の人生)」など、根深い社会問題を提起するような深みのある歌詞を、角度を替えた音響アレンジに乗せて展開した曲にちりばめてバンドとしての頂点を醸成し、全世界的な大セールスを記録してバンドを押しも押されぬアメリカン・ロックの代表格にまで押し上げた。

イーグルスの特徴といえば、分厚いコーラス・ワーク。
初期のカントリー調から次第にロック色が強くなっても、リード・ボーカルにプラスして3声以上のコーラスをほぼ全曲で聞く事ができる。つまりメンバー全員が優れたヴォーカリストであり、全員がリード・ボーカルをとれたというのが最大の特徴。
しかしながら、バンドのイニシアティヴはグレン・フライとドン・ヘンリーが握っていたし、事実ほとんどのシングル曲はどちらかがリード・ヴォーカルをとっていた。
個人的には、イーグルスといえば、ドン・ヘンリーだと思っているが・・・。

とにかく、この「HOTEL CALIFORNIA」は、まぎれもなく、当時世界を席巻し、今でも燦然と輝く名盤中の名盤であることは疑いようもない。

ただ、EAGLESの最高の名曲といえば、DESPERADOだと思ってる。


Side A
1.Hotel California/ホテル・カリフォルニア
2.New Kid In Town/ニュー・キッド・イン・タウン
3.Life In The Fast Lane/駆け足の人生
4.Wasted Time/時は流れて

Side B
5.Wasted Time(Reprise)/時は流れて(リプライズ)
6.Victim of Love/暗黙の日々
7.Pretty Maids All In A Row/お前を夢見て
8.Try and Love Again/素晴らしい愛をもう一度
9.The Last Resort/ラストリゾート

『The Nightfly/Donald Fagen』

Posted by Kasshy on 30.2010 Favolite Album   2 comments   0 trackback
The Nightfly / Donald Fagen
20070629_63757.jpg

AORという言葉がある。Adult Oriented Rockの略。
1980年前後から、プログレッシブ・ロックをアメリカ流にアレンジした「カンサス」とか「ボストン」(なつかしか~)といったバンドに代表されるアメリカン・プログレ・ハードと呼ばれるジャンルが出現した時期に使われ始めた言葉だよね。
後に大人向けのロックっちゅーことで、ボズやクリストファー・クロスなどが代表選手やねえ。

そのAORの間違いなく代表的傑作アルバムのひとつが、このドナルド・フェイゲンのナイトフライでっせ。

いや、まあこのアルバムを聴いたときのことは今でもはっきりと覚えてます。
学生の頃、東京のツレんとこに遊びにいって、ホテルのバーで初めて聴いたんよ。

とにかく都会のミッドナイトにほんとぴったり、しっくりくる大人のロックって感じ。
ウエストコーストの乾いたロックンロールを軸に、ジャズやソウル、R&Bなどの多彩な音楽要素をフィーチャーしたサウンドは、まさに大人のためのロックを感じさせるよね。ってそんとき思った。若造がね(笑)

細部までしっかりと構築されたアレンジワーク。なにより楽曲自体の質の高さはすごいの一言だね。
1982年の作品ですが、この年のグラミー賞はあのTOTOが獲得したわけですが、そのTOTOメンバーが「今年のグラミー賞は絶対にドナルド・フェイゲンのNIGHT FLY だと思ってたよ。僕らのお気に入りだからね。」って語ったらしいよね。

今聞いても、ほんとしっくりくるサウンド。やっぱり洗練され、緻密に計算された心地よいサウンドになっているんですね。あらためて、すごいアルバムだと思います。

何度も言いますが、心地よく、色気があり、そして洗練された大人のアルバムです。(しつこい)ぜ~ったい深夜にブルーライトをつけて聴いてみてください!さいこーっす!!

01. I.G.Y.
02. グリーン・フラワーストリート/GREEN FLOWER STREET
03. ルビー・ベイビー/RUBY RABY
04. 愛しのマキシン/MAXINE
05. ニュー・フロンティア/NEW FRONTIER
06. ナイトフライ/THE NIGHTFLY
07. グッドバイ・ルック/THE GOODBYE LOOK
08. 雨に歩けば/WALK BETWEEN RAINDROPS  

『Breakfast in America/Supertramp』

Posted by Kasshy on 06.2010 Favolite Album   0 comments   0 trackback
Breakfast in America/Supertramp
20070924_149847.jpg

♪Take a look at my girlfriend 
 Shes the only one I got
 Not much of a girlfriend
 Never seem to get a lot♪

いや~っ、ほんま懐かしい。
いや、ほんま久しぶり、何年ぶり?いやもうしばらく聴いてなかったかも.....。

懐かしい....。
まさかスーパートランプのブレックファスト イン アメリカが聴けるとは.....。
昨日、ひょんなことでFM聞いてたんだけど、なんとなんとスーパートランプが取り上げられてたんです。

スーパートランプなんて知ってる人、最近じゃああんまりいないんだろうなあ。
これさっき調べてみたら79年にアルバム出てるんだね。

この頃はそういや洋楽一辺倒だったなあ。
スーパートランプに近いプログレロックでは、やっぱりELOとかSTYXとかかなあ。

このBreakfast in Americaが収録されてる同名のアルバムは彼ら一番のヒットとなったんだよね。
っていうか、正直いうと、スーパートランプってこのアルバムの大ヒットのみで、あとはイマイチぱっとしなかった。

でもほんとこのアルバムだけは完成度高くて、透明感があって艶やかなボーカル、そしてどこか憂いを帯びた曲調と相まって心にしみるんだなあ。

このアルバムからは、「ブレックファスト・イン・アメリカ」、「ロジカル・ソング」、「グッバイ・ストレンジャー」、「ロング・ウェイ・ホーム」がシングルカットされて、それぞれヒットしてるんだよね。

あ~、しかしなんともいえません。
ほんと懐かしい。
あっ、オレまだこのアルバムのLP盤持ってます。

1. Gone Hollywood
2. The Logical Song
3. Goodbye Stranger
4. Breakfast In America
5. Oh Darling
6. Take The Long Way Home
7. Lord Is It Mine
8. Just Another Nervous Wreck
9. Casual Conversations
10. Child Of Vision

fro. Kasshy
 

プロフィール

Kasshy

Author:Kasshy
一見真面目そうで、気難しそうで、実は結構おちゃらけで調子乗りだったりして...。でも根は真面目ですよ!

映画、音楽、芝居、絵画、写真、スポーツ、旅行、街ブラ、グルメ、お酒なんかが大好きだったりします!

気軽にツルんでくださいー。
ブロとも大歓迎ですよ~。 Kasshy

ブログで世界旅行(オランダ編)



presented by オランダ旅行

AquariumClock 2

スピッツ名曲集



presented by スピッツYoutube

四季の花時計

ちょっと Fall Puzzle!

欠落病


※注・・何回でもできますが過度の使用によりパソコンが著しく疲労する恐れがあります。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

キラキラ星

FC2ブログランキング

にほんブログ村ランキング

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。